旧本多忠次邸

ページID011774

印刷
444-0011
所在地
岡崎市欠町足延40-1
電話番号
0564-23-5015

昭和の洋館 旧本多忠次邸

本多忠次邸写真


旧本多忠次邸は、旧岡崎藩主本多家(本多忠勝系)の末裔にあたる本多忠次が、昭和7年(1932年)、東京・世田谷に建てた住宅と壁泉の一部を移築し復原したものです。
岡崎市では、建築・意匠・技術・室内装飾にいたって学術的な価値がある旧本多忠次邸を保存し、その活用を通じて、文化財の保護についての関心や理解を深めていただくことを目的に公開展示しています。

館内では当時の家具、ステンドグラス等の調度品が常設展示されています。また年数回の企画展示や歴史文化講座、サポーターの会による案内やおもてなし企画の開催のほか、一部の部屋は展示室としてご利用いただくことができます。
 

施設概要についてはこちらをご覧ください。

催しについてはこちらをご覧ください。
貸展示室のご利用についてはこちらをご覧ください。
サポーターの会についてはこちらをご覧ください。
 

お知らせ 

庭のあじさいが満開です!

あじさい
平成28年6月2日撮影


  

平成28年「涼月祭」を開催します。

日時/平成28年7月1日(金曜日)から7月10日(日曜日)9時から17時(入館は16時30分)

内容/草木染作品展、蓄音機演奏会、デジタル上映会、仮装撮影会、夜間特別開館等

※7月2日(土曜日)16時から18時は、「岡崎100年祭パレード」のため、中央総合公園方面の道路渋滞が予想されます。お気をつけてお出かけください。
 

涼月祭についてはこちらをご覧ください。
  

貸展示室の利用について

貸展示室の使用料改定について

平成26年4月1日から消費税が8パーセントに引き上げられたことに伴い、旧本多忠次邸使用料を改定しました。
 

貸展示室のご利用についてはこちらをご覧ください。
 

国登録有形文化財(建造物)となりました。

岡崎市旧本多忠次邸は、平成26年10月7日(火曜日)の官報告示により、岡崎市内では12件目となる国登録有形文化財(建造物)となりました。


1.登録された文化財の名称

種別 名称・所在地 員数 所有者・住所
建築物

旧本多家住宅主屋

岡崎市欠町字足延40-1

1件

岡崎市

岡崎市十王町2-9

  

利用案内

所在地等

〒444-0011愛知県岡崎市欠町字足延40番地1

電話番号 0564-23-5015

ファクス番号 0564-23-5015

開館時間

9時から17時(入館は16時30分)

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日以後の最初の休日でない日)、1月1日から3日、12月29日から31日、展示替期間

2016年度カレンダー(PDF形式:99KB)

入館料

無料(企画展等開催期間中は有料となります。)

 

アクセス

交通

バスの利用は、名鉄東岡崎駅の2番バスのりばから東公園口方面行きに乗車「東公園口」下車徒歩3分
車の場合は、東名高速道路「岡崎インター」から約5分(1キロメートル)

駐車場

専用駐車場はありません。東公園の駐車場(収容台数合計約420台)をご利用ください。

なお、土曜日、日曜日、祝日、また東公園で催事が行われている時期は駐車場が大変込み合います。なるべく公共交通機関をご利用ください。

※東公園にバス駐車場はありません。また駐車場にバスは進入できませんので、バスを利用される団体様は事前にご連絡いただき、乗降場所等についてご確認ください。

地図

岡崎市わが街ガイド(新しいウィンドウで開きます)の地図でご確認ください。
 

その他

  • 館内は飲食禁止です。
  • 館内には多目的トイレ、エレベーターを新たに設置していますが、そのほかの部分はなるべく当時の姿そのままに復原しています。また家具等もすべて貴重な資料として展示しています。建物の性質上、車椅子ご利用のかたは観覧、通り抜けが難しい箇所がありますので、ご了承ください。
  • 入館に際しては履物を脱いでいただきます。素足のかたはスリッパをご利用ください。
  • 敷地内は火気厳禁です。喫煙はご遠慮ください。
  • 館内では刊行物やオリジナルグッズを販売しています。
    販売物についてはこちらをご覧ください。
     

関連資料

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開き、岡崎市のサイトを離れます)が必要です。